知らぬ間に借金を相続?

家族や親族が亡くなって悲しみに暮れる中、遺産を相続するということについて考えなくてはいけません。

思いがけず手に入った財産に大喜びの人もいるかもしれません。

しかし、手に入る財産というのは喜べるものだけではありません。

借金も財産のひとつなのです。

借金を相続するかしないかということは、被相続人が亡くなって財産の相続をするかどうかについてを考え3ヶ月以内にその借金を含めた相続をどうするのかを決めなくてはいけません。

                  

もちろん借金の返済などを考え借金を含めた遺産の相続について放棄することも可能です。

2011年3月11日に起きた東日本大震災では、残念ながら非常にたくさんの方が亡くなりました。
津波によって多くの方が大切な肉親を失いましたが、それと共に財産も流されてしまい、そこへ来て亡くなった家族に生前借金があったということを知らずにいたという方がとてもたくさんいたということです。
津波により書類なども流されてしまっているので借金の有無、額なども分からないという状況でした。

震災であったということは考慮されつつも、どんな状況であっても被相続人の死亡が分かった日から3ヶ月以内に相続放棄をしなければ借金も相続してしまうことになります。

もしも相続放棄の期間を延長したい場合にはその申し立てをすることができるのですが、手続きがなければその救済というものはなくなってしまうので要注意です。

コメントする