相続には借金もついてくる

                       

相続が開始しますと、相続人は全てを亡くなった人から引き継ぐこととなります。
それが財産だけでしたらもちろん嬉しいこととなるのですが、引き継ぐするものは財産だけでなく、借金も全て引き継ぐことになってしまうのです。
親族が残した家や土地、財産などを引き継ぐことは思い出を一緒に引き継ぐと言っても過言ではありませんので、できることでしたらすべて相続したいものですが、借金が多い場合ですと大きな負担となってしまいます。
借金の方多く、負担が大きくなることを知り、出来ることなら引き継がずにいたいと考えた場合、法律上で定められているのが、相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内でしたら、家庭裁判所に相続放棄をすることができるようになっています。
しかし相続放棄となりますと、家や土地などの不動産や預金、車など全てを放棄することとなってしまいますので、注意が必要となってくるのです。
相続権は放棄することによって次の順位の人へと移ることとなりますので、後々のトラブルを防ぐためにも、相続放棄の際にはそのことを他の親族の方へと伝えておくことが良いでしょう。
借金があることを知ることができなかった特別の事情があった場合などには、3ヶ月過ぎてしまっていた場合でも裁判所が受け入れてくれることもありますので、悪徳な金融業者が3ヶ月たってから請求してきたなどの場合でも、あきらめずに弁護士へと相談してみると良いでしょう。

コメントする