両親が借金をして他界、その場合の相続はどうなるの?

相続にもさまざまな方法がありますが、その中で気になるのが親族が借金をし、他界した場合です。
自分の親とはいえ、親の借金を相続するのは誰だって嫌なものです。
では、借金を拒否し相続することはできるのでしょうか?その答えは「Yes」となります。
ただその手続きは早く行わなければいけません。
その手続きとは、家庭裁判所に相続放棄の申述することですが、申述は相続が開始し相続人になったことを確認してから3カ月以内に行う必要があります。
放棄することではじめから相続人でなかったことにできるので、例え両親が借金をし、他界していても、借金を相続する必要はなくなります。


申述する際いくつかの書類が必要になるわけですが、「申述書」「相続人の戸籍謄本」「亡くなられた方の除籍謄本」「被相続人の除住民票」の4つを用意します。
「亡くなられた方の除籍謄本」は、兄弟姉妹が相続を放棄する場合は、出生から死亡したことが記載されているものまですべて用意する必要があります。
この手続きが認められると、借金の相続は放棄されます。
ただし相続の放棄は借金だけでなく不動産や預金などの財産含めすべて相続不可になるわけですから、その覚悟は必要になります。
ですから、相続を放棄する前に一度相続財産を調査し、財産よりも借金のほうが少ない場合に決断すると損せずに済むでしょう。

コメントする