借金などのマイナスの財産を相続する場合

相続、と聞くと誰しもが「亡くなった人の財産を受け取ること」と認識することでしょう。
しかし、財産には現金や土地などのプラスなものもあれば、借金などのマイナスなものも存在します。
もしも、亡くなった方がこうしたマイナスの財産を持っていた場合、これは誰が受け継ぐことになるのでしょうか?

相続の順位自体は法によって決められていますが、こうしたマイナスのものの場合ははっきりと浮き彫りにはなりません。
誰だって、マイナスの財産なんて受け継ぎたくありませんよね?借金になればなおさらです。自分が借りたものでもないお金について進んで「自分が受け継ぐ」と名乗り出る人はそうそういないでしょう。

相続人全員で話し合い、財産を一番多く受け取った人が借金も…と、一筋縄でいくようなものでもありません。
せっかくの財産がマイナスの財産でパアになってしまったら、誰だって嫌ですからね。

こうしたマイナスの財産の解決策としてひとつ挙げられるのは「その用途が何であったかを絞る」ことです。
事業用に借りたものなのか、あるいは生活費であったのか、それとも別の用途だったのか…。
それにより、それと関係するものを受け継いだ人がそのマイナスの部分も持っていくという方法です。
ですが、これもやはり一筋縄ではいかないでしょう。

どうしても円満に解決できなさそうだ、という場合には弁護士などの専門家にアドバイスをもらうというのもひとつの手なのかもしれませんね。

コメントする